WUPC 2012

A - 招待状


Time limit時間制限 : 2sec / Memory limitメモリ制限 : 64MB

  「WUPCへようこそ」

 ある日,僕のもとに一通のメールが届いた.誰からは不明だが,プログラミングコンテストへの招待状であることはすぐに分かった.2012年現在,プログラミングコンテストは学生有志によって頻繁に開催されており,そのようなコンテストには日本中から競技プログラマが集まってくる.腕試しのため,僕も参加することにしよう.

 とりあえず肩慣らしとして,現在の日付と開催予定日から,今日から数えて開催日まであと何日あるかを求めるプログラムを作ってみよう.

問題文

 メールを受け取った日付と,コンテスト開催日の日付が標準入力から与えられる.両者はどちらも2012年の日付である.メールを受け取った日付から数えて,コンテスト開催日まであと何日あるかを標準出力に出力するプログラムを作成せよ.

入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる.
M_{a} D_{a}
M_{b} D_{b}
  • 1行目はメールを受け取った日付の月 M_{a}(1 ≦ M_{a} ≦ 12) と日 D_{a}(1 ≦ D_{a} ≦ 31)が半角スペース区切りで与えられる.
  • 2行目はコンテスト開催日の月 M_{b}(1 ≦ M_{b} ≦ 12) と日 D_{b}(1 ≦ D_{b} ≦ 31)が半角スペース区切りで与えられる.
  • M_{b}D_{b} 日がM_{a}D_{a} 日と同じか,それより前の日付になることはない.
  • 1310 日や 230 日などの無効な日付が与えられることはない.

出力

メールを受け取った日付から数えて,コンテスト開催日まであと何日あるかを標準出力に 1 行で出力せよ.
なお,最後には改行を出力せよ.

補足

2012 年における 1 月〜 12 月までの最大日数は 1 月から順番に,
31, 29, 31, 30, 31, 30, 31, 31, 30, 31, 30, 31
である.

入力例 1

3 1
3 10

出力例 1

9
  • 開催日 3/10 までは 3/13/23/33/43/53/63/73/83/99 日ある.よって,9 を出力する.開催日である 3/10 を含めてはならないことに注意せよ.

入力例 2

2 10
3 10

出力例 2

29
  • 2012 年はうるう年のため,2 月は 29 日ある.
  • 2 月が終わるまで 20 日,3/10 までは 3/1 から 9日あるため,それらの合計である 29 を出力する.

Source name

WUPC 2012

Submit提出する